スピードラーニング、フリートーク電話英会話サービス体験談NO.4

スピードラーニング英語には、無料英会話サービスがついています。「リッスン&リピート」あるいは「フリートーク」が選べます。

今回選んだのは「フリートーク」。 約5分間のおしゃべりが楽しめるんです。会員番号を言ったりする時間を含めるともう少し長くなります。

▼無料電話会話サービスについては下記のページで詳しく紹介中
電話英会話サービスで生の英語を楽しもう!

フリートークを始めよう

お客様番号またはスピードラーニングに登録している電話番号が必要になります。すぐ言えるように電話をかける前に準備しておきましょう。

4度目のフリートークの内容

電話に出てくれたのは、フレンドリーなPさんでした。 自分のお客様番号を言い、フリートークにしますと言った瞬間からおしゃべりが始まります。

しゃべりたい事をあらかじめ用意していなかったので、Pさんの質問に答える形で自然とおしゃべりが始まりました。

聞かれたことは「今日は午前中何をしていましたか?」でした。

そういえば前回のフリートークも同じ事を聞かれましたね。もしかしたら質問パターンがいくつかあるのかもしれません。

Pさん:午前中は何をしてたの?

私、しばし沈黙。

私:ブログを書いていました。

私、「ブログを書く」って英語で何て言うんだろう?と頭の中がぐるぐる。

手紙を書くなら「write a letter」なんだけどブログも「write」でいいのかなあ?

結果として私が答えたのは、「I wrote my weblog this morning.」でした。

これが100%正しいかどうかはわかりませんでしたが、しっかり通じてホッ!

正解かどうかより、通じるかどうかが大切!なんですね。ここからブログの内容の話に進んでいきました。

フリートークでフレーズにつまったらどうする?

何か聞かれて答えにつまったら、ゆっくり考えている時間はありません。

もしすでに聞きためているスピードラーニング英語のフレーズが答えにドンピシャなら、すぐに口をついて出てくるでしょう。 でも生きた会話の場面では、そうそう上手くいきません。

では、どうする? 考えている暇があったら、間違ってもいいから何でも言ってみる!しかありません。

文章でなくて、単語を並べるだけでもOK。 英会話というと100%をめざそうと思いがちなのが日本人の特徴ですね。気にしてはいけないと知りつつ、少なからず私もそうですから。

フリートークでフレーズにつまったらどうする? 間違っててもいい、単語だけでもいい、とにかく口を開いて何かを言う!です。

スピードラーニング英語の電話英会話サービスのスタッフは親切で慣れています。さりげなく上手く助けてもらえるので心配いっさいありません。

ブログを書くって英語で何と言う?

何でも調べてみないと気がすまない私。 フリートークが終わったあと「ブログ」についてジーニアス和英辞典・英和大辞典で調べてみました。

まずは、ブログと言う言葉で辞書を調べてみます。以下が結果です。

名詞:ブログ(weblog)

動詞:ブログに書き込む

ブログを書く(更新する)という文例が write (update) one’s blog と出ていました。 write という動詞を使ってよかったようです。

調べてみて初めて知ったのですが、blogだけでも、「ブログを書く」という動詞として使えるんですね。

私は旅のブログを書くことを楽しんでいます。
I really enjoy blogging about my travelling.

ちょっとしたきっかけで一つ賢くなりました!

▼フリートークなど無料電話サービスについてレポートしています。

電話英会話サービスで生の英会話を楽しもう!

スピードラーニング電話英会話サービスは英語の自信がなくても大丈夫

フリートーク電話英会話サービスは外国人と話すチャンス

私はまず、スピードラーニング英語の無料試聴CDを取り寄せて聞いてみたあとに受講を開始しました。

▼まずは無料試聴CDを聞いて試してみよう!

10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加