小学生、中学生から始める英会話学習


~フィールドワークで外国の方に声をかける小学生たち~(ゲストの撮影許可を得ています)

ここ数年、小学校の英語教育の方法がかわってきています。2018年度からも英語教育改革が始まります(本格的には2020年から)

英語を聞いたり話したりする活動の一環として屋外でのフィールドワークを取り入れている小学校や中学校が増えていますね。

英語ボランティアガイドとして海外からのゲストと一緒に観光地を歩く私、そういった多くの子ども達と出会います。

子ども達が持っているノートには、「日本が好きですか?」や「日本の食べ物は好きですか?」など、聞きたいことが英語で書いてあります。

子どもたちの質問はまあまあゲストに通じているようです。逆にゲストが子ども達に何か質問すると通じなくて会話が一方通行になることも多いです。

でもほとんどの子ども達はものおじしません。子ども達に聞いてみると、「もっと英語を聞けるようになりたい、話せるようになりたい」と英語に対して意欲的なのがわかります。

子ども達から折り紙のプレゼントをもらったゲストは嬉しそう。一緒に記念写真を撮ったりと楽しい交流の時間です。
(時間に余裕がない時は、ごめんなさいと言ってお断りするケースもあります)

小学生たちのおじいちゃんおばあちゃん世代は、中学校に入ってから英語が始まっていました。でも今は、小学生から、または幼児から本物の英語に触れる環境が必要な時代になってきています。

子ども達が英語に対して意欲的な発言をしたら、その時がまさに、英語の始め時です!

小学生中学生向けの英会話教材は色々ありますが、今日はその中の一つ、スピードラーニング・ジュニアを紹介したいと思います。

子供の才能が開花する英会話教材。外人そっくりの発音で英語を話しだす!

名前を聞いてわかるようにずばり、ジュニアのための英会話教材です。

とはいえ、実は子どもさんだけでなく、お母さんお父さんたちも一緒に楽しめる内容になっているんですよ。

スピードラーニング・ジュニアってどんな内容なの?

スピードラーニング・ジュニア

スピードラーニング・ジュニアは全部で24巻。CD版の場合、初回をのぞき、基本的には毎月1巻ずつ届くシステムです。

途中で一時停止すると、停止中はお金がかかりません。停止のままやめてしまっても構わないし、続けたくなったら電話1本で再開ができます。

全教材を一括で購入するものに比べ、あきっぽい子ども達にはいつでもやめられるシステムは助かります。

スピードラーニング・ジュニアの各巻の構成は2部構成(前半と後半)になっています。

前半は、家族と一緒にアメリカに行った小学生のあやかちゃんと中学生のさとし君が主人公。

学校生活の話題が中心です。

後半は、童話や科学や歴史等のストーリーです。

身近な話題を取り上げることにより、親近感がわいてきます。

スピードラーニング・ジュニアではどんな内容が聞けるの?

スピードラーニング・ジュニアの内容は学校生活に関連したトピックです。具体的にはどんな内容なんでしょうか?

タイトル一覧です。()内は後半内容です。

★マークは、第13巻から始まる「日本の文化を英語で紹介する」のコーナー内容です。

第1巻:初めてのアメリカの小学校(みにくいアヒルの子)
第2巻:初めてのアメリカの中学校(体の中への探検旅行)
第3巻:感謝祭(ある船乗りの生涯)
第4巻:ペップラリーって何?(ドリームガール、夢見る少女)
第5巻:クリスマスシーズン(ガーナからの手紙)
第6巻:スクールダンス(裸の王様)
第7巻:スポーツと学校(世界一周の旅)
第8巻:サマーキャンプ(江戸から東京へ)
第9巻:バースデーパーティ(ドリームボーイ、夢見る少年)
第10巻:チキンスープは最高の薬(アメリカからの手紙)
第11巻:ハロウィーン(宇宙旅行)
第12巻:日本について教えて(ある教育者の夢)
第13巻:泳ぎ方を習う(秘密に鉄道に乗る)★夏休みの思い出
第14巻:楽しみな選択授業(オズの魔法使い)★学校の掃除
第15巻:あやかの算数と理科の授業(ニコラ・テスラの生涯)★通学班
第16巻:大会のためにウナギを育てる(震災から学んだこと)★習字の授業
第17巻:おこづかいをもらう(その穴にもストーリーがある)★「いただきます」「ごちそうさま」
第18巻:博物館での1日(ライアンとゲームの世界)★運動会
第19巻:劇の発表会(トム・ソーヤの冒険)★授業参観
第20巻:ジェットコースターと出会い(空の探検)★授業参観
第21巻:水族館へ校外学習(アライグマとたぬき)★入学式、卒業式
第22巻:メモリアル・デーの週末(日本の女子教育のあけぼの)★ラジオ体操
第23巻:将来、何になりたい?(月のウサギの悟り)★学校給食
第24巻:吹奏楽部に入る(忍者の秘密)★休み時間の遊び
※引用元:スピードラーニング・ジュニア公式ページ

タイトルを見ていてわかるのは、トピックが学校生活の日常やイベントなど、身近なものだということです。また主人公がジュニア年齢なので、親近感がわいてきます。

ストーリーを聞く事により、アメリカの学校に迷い込んだかのようになれそうです。

アメリカはさまざまなバックグラウンドを持った人の集まりです。生活習慣や考え方など、大きな違いがあります。

スピードラーニング・ジュニアを通し、日本とアメリカの文化や考え方の違いが自然に見えてきます。

国際人になるための最初の一歩ですね。

スピードラーニング・ジュニアで、学校生活や日常生活の英語を通して英語と国際感覚を身につける

大切なのは、英語を聞きたい、話したいと思う気持ち

英語を聞く時間が増えると、英語が日常にとけこんで聞いた時に違和感がなくなります。

外国の方を目の前にしても、ものおじしなくなるんですね。そして大きな自信につながります。

ジュニア世代、特に小学生の間は、英語を楽しみながら聞ける環境を作ることが大事です。

机の前に座って勉強するのは将来いやというほど待っています。

今は、”英語を聞きたい!話したい!”と思える気持ちを持ち続けるために、常に英語に触れることができる環境作りをしてみませんか?

スピードラーニング・ジュニアの受講方法は2種類

スピードラーニング・ジュニアの受講法は2つ。
①CD版
②デジタル版
の2種類があります。

CD版とデジタル版それぞれに長所も短所もあります。気をつけてほしいのは、デジタル版には、無料試聴CDがないことです。

スピードラーニング・ジュニアのCD版には、無料試聴CDがあるので、無料試聴CDを聞いてから、受講するかしないかを決めることができます。

スピードラーニング・ジュニアのデジタル版は、試聴なしでまずは第1巻から始めることになるのですが、返品ができません。

※CD版を始めたあとに、やっぱりデジタル版へかえたいと思った時は、変更することができます。
ただし、その逆はできません。

子どもたちの性格もさまざまですから、まずは無料試聴CDを聞き、お子さんに合う合わないを本人&ご両親が考えるといいですね。

スピードラーニング・ジュニアのコースの詳しい情報はコチラから

スピードラーニング・ジュニア

スピードラーニング・ジュニア

・聞いていて楽しい。
・トピックが身近な内容で親しみやすい。
・アメリカの文化や日本との違いがわかる。
・マイペースで聞ける。
・いつでもこどでも聞ける。
・停止も再開も自由にできる。

子どもに英語を聞かせたい、子どもに英語の環境を与えたい。

そう思っておられるお母さんお父さんは、ぜひスピードラーニング・ジュニアの無料試聴CDを聞いてみて下さい。

スピードラーニング・ジュニア

▼無料試聴CDを聴いてみましょう。申込は以下より。
『スピードラーニング・ジュニア』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加