スピードラーニング英語第11巻:人々の役割

スピードラーニング英語の第11巻は、「人々の役割(people’s Roles)」です。アメリカ人と日本人の国民性の違いを「人々の役割」という視点から感じ取ることができる巻です。

スピードラーニング英語第11巻

『スピードラーニング英語』

ドラマ仕立ての中でアメリカ人と日本人の考え方の違いが見えてきます。どんな展開になるのかなとわくわくしながらストーリーを追いたくなる巻です。

スピードラーニング英語第11巻

後半は思春期の息子の事を同僚に相談するといった少し込み入った話、祖父母の世代の話になります。英語→日本語のCDでは少し頭の中がややこしくなりそうなので、最初にスクリプト(テキスト本)の日本語だけをざ~っと読んでもいいかもしれません。

スピードラーニング英語第11巻

スピードラーニング英語第11巻の目次

スピードラーニング英語の第11巻は生活、特に家庭の中でよくある光景が紹介されています。
スピードラーニング英語第11巻

  1. 妻の役割
  2. 夫の役割
  3. 親の役割
  4. 祖父母と孫の役割

スピードラーニング英語第11巻はトピック4部構成となっていて、最初のふたつのトピックは「妻と夫の役割分担」についての話題です。

スピードラーニング英語第11巻

日本でも共働きの家庭が増え、家事を手伝ってくれるご主人は増えていると思います。しかし料理を作ったり、洗濯をしたり、妻が外出する時に子供のめんどうをみてお留守番してくれるといったことはまだ少ないですよね。

そのあたりの事情が妻どうしの会話、夫どうしの会話からアメリカと日本の考え方の違いが見えてきます。

以前アメリカ人の家庭にホームステイした経験があるのですが、その時にびっくりした事があります。お母さんが外出するためや夫婦で外出するためにベビーシッターをよく頼んでいたことです。

日本の感覚では遊びの外出の為に子供をベビーシッターに預けるなんてまずは考えられません。おばあちゃん、おじいちゃんに頼むのが精一杯ですよね。でもアメリカでは当たり前の事でした。

その他、第11巻では多くの違いに気づかされますが、詳しくは聞いてのお楽しみにしておきましょう。

スピードラーニング英語第11巻の役立つ表現

スピードラーニング英語第11巻

ちょっとコーヒーでも飲んでいかない?

How about a quick cup of coffee?

「ちょっと」というニュアンスが「quick」という言葉で表現されていました。「覚える」というよりは、会話と情景を何度も聞いたり口ずさんだりしてその場面に出くわした時に口をついて出て来るようになればいいですね。

うん、そうするね!

たとえば「旅を楽しんできてね」などと言われるとついつい「イエス」と言って終わらせてしまうことってありませんか?

もちろん「イエス」だけでもいいのですが、「Yes, I will」と答えることにより「はい、しっかり楽しんできますね~」といったニュアンスが入りより自然な形になりますね。11巻ではこの表現がさりげなく使われいていました。

ただいま、あなた!

キャシー:ただいま、あなた。
ジョージ:あっ、やあ。
という会話があります。だんなさんの待つ家に奥さんのキャシーが帰ってきた時の会話です。

Kathye:Hi,honey!
George: Oh! Hi, dear.

私達はだんさんに、「ハイ、ハニー」なんて恥ずかしくて言いませんよね。英語圏だなと思わせてくれる場面です。また「~、George ?」のように文章の最後に相手の名前をつけることも多いですね。私はいつもなかなか外国の人の名前が覚えられなくて実践できていません。

~させて下さい

私に~させてねと言いたい時は「let me ~」という表現を使います。第11巻では、「Let me call her for you (彼女に電話するわよ、あなたのために私に彼女に電話させてね)」という表現で登場しています。

「私に~をさせて下さい」という意味合い以外にも「Let me know (私に知らせて下さい)」のように「~してね、~して下さい」的なお願いや要求する場合にも使えます。

スピードラーニング ステージ4「話す強化」CD

スピードラーニング英語第11巻には余分に無料CDが1枚入っていました。

スピードラーニング英語ステージ4

”ステージ4「話す強化」自分の意見を英語で言う”というタイトルのCDです。

スピードラーニング英語ステージ4

スピードラーニング英語のメソッドにはステージが4つあります。

  1. ステージ1:聞く基本
  2. ステージ2:話す基本
  3. ステージ3:聞く強化(CDは第8巻と一緒に届きました)
  4. ステージ4:話す強化(CDは今回の第11巻と一緒に届きました)

スピードラーニング英語の場合は、第1巻から第7巻までが聞く&話すの基本のステージ1&2。

第8巻から第10巻がステージ3の「聞く強化」。そして今回届いた第11巻からが第4ステージの「話す強化」を始めるタイミングです。

私の場合は、「休止制度」を使って数ヶ月に一度CDが届くように調整していましたので第1巻から第11巻まで約2年かかりました。

1巻ずつ届く設定にしている方は聞き始めてから11ケ月のタイミングです。

スピードラーニング英語ステージ4

ステージ1から3までどのように聞いてきたのかは個人差があると思いますが、それなりの耳と口になってきているんではないでしょうか?

残念ながらステージ4まで来ると「単なる聞き流し」だけではすまない状況です。実際に自分の口を開き、聞きためた英語を話そうと努力しないといけません。スピードラーニングのキャッチコピーに「聞き流すだけ」という言葉が含まれている様なので「英語は聞き流すだけで聞いたり話せたりするようになる」と誤解する人が多いです。

残念ながら「聞き流すだけ」以上のことをステージに沿って実践しましょうというCDがこのように届きます。

「聞き流すだけ」とは自分と英語の間にあるバリアをときほどく為の初期の時期の方法にほかありません。

第11巻くらいまで届き「疲れ」を感じ始めている方は一度「休止」制度を活用し、次の巻が届く時期を延期しましょう。その間に1巻からの聞き戻しをしましょう。

やめてしまう「停止(やめる)」のではなく、届く時期を延期する「休止(休憩する)」というのがミソです。いったんやめてしまうと人間なかなか再会ができません。忘れたころにやってくる「次に送られてくる教材の受取日を延期する」方法をおすすめします。電話1本で簡単にできます。

私はいつも電話をして「次の届く巻を一番遅い時期にかえて下さい!」とオペレーターの方に言っています。

スピードラーニング・メソッド 4つのステージ
ステージ1で聞きためた英語、ステージ2で口に出して身についた表現、ステージ3で何度も聞いた英語。ステージ4では、今までの段階のように積み上げ、蓄積してきたそれらの英語を使い、自分の思いや意見を言えるようにしていきます。

スピードラーニング英語第11巻のまとめ

日本とアメリカでは、妻のありかた、夫のありかたについて考え方に違いがあることが第11巻を通じて見えてきます。

また、思春期の息子を持つ母親が同僚に悩みを相談する場面は、私の頭では思いもよらない会話が繰り広げられました。会話の現場はアメリカなんだな~とあらためて感じ、クスッと笑えました。

孫と祖父母の関係では日本でもアメリカでも似たところがあるなと思える場面がありました。

会話を聞いているとまるでアメリカにホームステイしているかのように感じられる第11巻でした。

▼スピードラーニング公式サイトはこちら
10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加